当社は昨年、70周年の節目を迎えました。ここまで来ることができたのは社員全員の働きがあるからです。例えば、よい提案をして個人宛てに感謝状を送られた若手社員や、東日本大震災の後に率先して郡山営業所への配属を志願したベテラン社員など、それぞれのいい仕事があって今のキムラがあります。

会社の歴史年表には書かれないけれど、一人一人がそれぞれの時期に輝く瞬間がある。私はそれを見逃さないようにしています。会社や私が褒められることよりも、社員が褒められることを嬉しく思います。そして、そのような仲間が増えることで、より一層お客様の役に立つことができ、企業としての価値が上がります。

また、入社後の教育にも力を入れており、私を始め、役職者も新人営業と一緒に同行します。立ち上がりまでサポートし、できたら一緒に喜ぶ。そのような成功体験を積み、自信をもって仕事に取り組んでもらいたいのです。

募集要項

職務内容 ルート営業(企業向け得意先中心)
採用学部 学部不問
採用予定 5名
初任給 大卒 17万9,300円(営業職業務手当4万円別途)
地域手当 関東・甲信越 4万円、東北 3万円、大阪5万円、名古屋4.5万円
諸手当 業務、通勤、家族、調整、地域
昇給 年1回、4月決定、6月より支給
賞与 年2回、6月と12月 業績に応じて支給
勤務地 本社および営業所他
休日 日曜、第2・4土曜(第1、第3、第5土曜うちいずれか)、各月平日のうち1日、祝日、年末年始、夏期休暇
休暇 年次有給休暇、特別休暇(慶弔)
勤務時間 1月〜 3月 9:00〜17:00
4月〜12月 8:30〜17:30
福利厚生 持株制度、退職企業年金制度
教育制度 新入社員研修・階層別教育・各種セミナー
採用実績校 北海学園大・札幌大・札幌学院大・北星学園大・北海道工業大・酪農学園大・函館大・弘前大・早稲田大・東洋大・専修大・明治大・東海大・関西大・ワシントン州立大
提出書類 面接用openES、履歴書・卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書
選考方法 WEB総合検査・面接(一次・二次)

説明会・採用情報

弊社の採用ページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
2018年新卒者向けの説明会および採用試験は、リクナビでご案内致します。

株式会社キムラ 人事課

先輩社員の声・【仕事でうれしかったエピソード】

■ 日々の営業活動が初めて実を結んだ時

<平成25年入社>事業開発企画課 - 関口沙織
営業をはじめてから、お客様に商品を正確に説明が出来るよう勉強をしていましたが、なかなか採用をしていただけない日々が続いていました。そんな中、いつものようにある設計事務所を訪問した際、「この間詳しく説明してくれた商品、お客さんにそのまま紹介したら、すごく気に入ってくれて採用になったよ!」とお声掛けして頂きました。その後納品になった後も使って頂き、他の商品への採用にもつなげることができました。
そのお客様には「関口さんがいつも来て、いろいろ説明をしてくれるから頼りがいがある」と言って頂き、とてもうれしく、やりがいを感じた瞬間でした。まだまだ未熟ですが、お客様のニーズに応えた商品提案を意識して営業をしています。

■ やれば必ず返ってくる!

<平成25年入社>北海道営業部 - 山谷 圭一郎
私は、営業一年目のとき、販売先のお客様の事務所に訪問しても、最初は全然お客さんに自分の名前と顔を覚えてもらえず、覚えていただく為に何度も足を運び自分をアピールしました。 そして、何度も訪問し、顔と名前を覚えていただくとお客さんから徐々に仕事の問い合わせや注文を頂けるようになりました。するともっと提案の幅を広げ、提案商品を増やしたいと思えるようになってきました。
その後、徐々に実績が付いてくるようになり、自分のモチベーションを高く保つことができるようになり、この仕事がどんどん好きになりました。

■ 「よくやってくれた」

<平成24年入社>東京営業所 - 伊藤 優
私が営業一年目の時の話です。右も左もわからずただひたすら目の前の業務をこなしていました。新人が担当について頼りないと思われてしまったのか、「担当を換えてほしい」とお客様から言われてしまい、かなり落ち込みました。しかし再びチャンスをいただき、懸命に営業活動を行いました。
そして月日が経過し、担当編成でそのお客様の担当を離れることになり、挨拶にお伺いすると、「よくやってくれた」と一言いただきました。この言葉を頂いたとき、あの時頑張ってよかったと心から思いました。

■ 助け合い

<平成25年入社>松本営業所 - 宇佐美達郎
仕事をする上で、ミスやトラブルは誰しもが体験する事かと思います。例えば、私の確認不足や情報伝達不届きがミスに繋がる場合。お客様の方でもうっかり発注し忘れた!なんていう場面があります。そういった場合に一人の力では何も解決する事ができませんが、トラブルに対し関わりある人達が皆さん親切に接して頂き困難を解決する事が出来ました。 その際に『助かりました』等声かけをして頂く事が有りますが、私自身も関係して頂いた皆さんに感謝の気持ちや温かい気持ちになります。
住宅を建てるという一つの目標に向かい皆が協力していく姿勢や親切心などがこの仕事は得られるのがうれしい事でもあり、好きな理由です。

■ 『粘りと諦めない気持ち』

<平成25年入社>関東営業所 - 山本 享佑
入社間もなくのことです。初めての新規のお客様でなかなか商品が決まらず何度も提案を続けておりました。諦めずたくさんのサンプルや提案資料を用意したところ、やっと1商品を受注することができました。
最初はただ商品をPRしていただけで、お客様のニーズや求めているものを考えていませんでした。 しかし、何回か商談をするにつれ、お客様の求めている商品など深く考えて商品提案をするようになり、それからは1つ1つ商品の反応も良く、受注を頂くことができるようになりました。

■ お客様からの感謝の言葉

<平成24年入社>仙台営業所 - 松本 健太
営業としてまだ1年目の頃、お客様の住宅に合う商品を見つけ提案していましたが、すぐに注文には繋がりませんでした。しかし私は諦めきれず実際の商品を見てもらうなど提案を続けていました。そんなときお客様が気に入って下さり、実際に使って頂けることなりました。
完成現場を見させて頂いた際にはお客様から『良い商品だね。また使ってみたい』との言葉を頂きました。自分がお客様に使って頂きたいと思った商品を実際に使って頂き、このような言葉を頂けるのは何にも変え難い喜びです。

■ お客様のお役に立てたとき

<平成26年入社>関東営業所 - 目谷 俊平
営業所に配属になった当初、お客様の名前も商品のことも何もわからないため、電話の問い合わせに何もお応えすることができず、先輩や上司に代わってもらう日々が続きました。やがて毎日の勉強や経験の中で少しずつですがお客様の名前や特徴、商品のことも覚えてきたときに今までは何の役にも立てなかったお客様に対して自分ひとりで問い合わせを解決し、お礼を言われたときは嬉しい気持ちになりました。
現在も毎日が新しいことだらけですがとにかくやりがいがあり、こういった経験が営業にも活きていると思います。これからもお客様の力になれるよう努力していきたいです。

■ 商品の提案・納品・施工まで携わるところ

<平成25年入社>エクステリアホーム商品課 - 林 浩輝
私の商品提案を採用していただき、納品後に感謝の言葉をいただいた時、お客様の為になったのだと実感しました。私の所属している部署では、エクステリア・リフォーム工事が多く、施工も当社で請け負う事が多くあります。そのため、1度の物件に対する時間と金額も大きいものになっております。そういった物件を納めた後、お客様から感謝の言葉をいただくと、達成感と次へのやる気につながっていきます。

■ 新しい商品の受注と、それが継続して注文を貰えたとき。

<平成20年入社>大阪営業所 - 徳永 和貴
お客様とメーカー様の間に立ち、商品として良いものや、お客様のニーズに合うものを提案販売、自社製品や仕入れメーカーさんの商品等について情報提供を行っています。自分が良いと思う商品を提案し、使って貰えたときはやりがいを感じます。そこから他の商品へと話が繋がっていき、君から買いたいと言われると非常に嬉しいです。 信頼関係が一番大事だと思っています。仕事上は楽しい事ばかりではありませんが熱意のある方、ぜひ一緒に働きましょう!!

■ 苦労して覚えた商品の良さをお客様に理解していただけた時

<平成23年入社>東京営業所 - 池田 真也
東京営業所で都内を担当しています。私は住宅のことも建築のことも全く知らない状態で入社したので、建材の商品知識を覚えるのに非常に苦労しました。営業所に配属になった際に、一番先に教えてもらった商品が、プランニング〜施工までの流れを全て把握しておかなければお客様にご提案することが出来ない商品でした。
お客様から「ありがとう」という言葉を頂けた時が、営業として何より嬉しい瞬間だと思います。私の実家も住宅に関わる仕事をしており、建築業界に興味があった中で、私が通っていた大学の会社説明会で、当社の説明会に参加し、その時頂いたカタログを見て住宅を建てるのに使う資材の種類の多さに驚くと同時に興味が湧き、入社試験を受ける事にしました。入社して分かった事ですがこの仕事は普段見ることのない住宅やビル、商業施設ができるまでの過程を見る事もでき、日々新たな発見があるという事が、この仕事の好きな理由の一つです。素敵な先輩が大勢います、私と一緒に働きましょう!

■ お客様からの「ありがとう」という一言

<平成21年入社>仙台営業所 - 相良 歩
平成21年入社、仙台市内を担当しています。営業に出た最初の頃は、まだまだ商品知識や建築に関する知識に乏しく良く分からない事も多く、商品を提案したり、お客様からのお問い合わせにお答えしている中で、果たしてお客様に納得して頂けているだろうかと考え、不安を感じる事が多くありました。ふとその中で、自分の提案した商品を気に入って 頂けた時やお客様の不測の事態を解決できた時に、「ありがとう」という言葉を頂き、安心と同時にお客様のお役に立てたと嬉しい気持ちで一杯になりました。
お客様から「ありがとう」という言葉を頂けた時が、営業として何より嬉しい瞬間だと思います。私の実家も住宅に関わる仕事をしており、建築業界に興味があった中で、私が通っていた大学の会社説明会で、当社の説明会に参加し、その時頂いたカタログを見て住宅を建てるのに使う資材の種類の多さに驚くと同時に興味が湧き、入社試験を受ける事にしました。入社して分かった事ですがこの仕事は普段見ることのない住宅やビル、商業施設ができるまでの過程を見る事もでき、日々新たな発見があるという事が、この仕事の好きな理由の一つです。素敵な先輩が大勢います、私と一緒に働きましょう!

■ 住宅を通して人と人とを繋ぐ

<平成21年入社>仙台営業所 - 苫米地 潤
平成21年入社、仙台営業所で山形方面を担当しています。 営業としてお客様を廻り始めた頃、自分がこれは面白いなと思う商品があり、色々なお客様に提案をしていましたが、中々受注に繋がりませんでした。 そんな中であるお客様にその商品を提案したところ、とても気に入ってくださり、その場で受注をいただきました。自分が提案した商品が始めて受注になったこともありましたがなによりお客様に「良い商品を持ってきたね。」と言って頂いた時の嬉しさは今でも営業をしていく力になっています。
就職活動の最初の頃は職種を絞らず色々な職種の会社説明会に参加しました。その中で建築業界に興味を持ち、色々な会社を廻った中で当社に出会いました。 説明会で会社の歴史や事業内容を聞きメーカーからお客様をつなぐ卸業という仕事内容に魅力を感じ入社を決意しました。

■  お客様から「ありがとう」と感謝されたとき

<平成28年入社> 北海道営業部一課 - 加藤 隆矢
入社直後は、仕事でミスをしてしまい、お客様含め周囲にご迷惑をかけてしまうことが多々ありました。そんな自分の無力さに落ち込む中で、まずは一生懸命やろうと、日々の業務に取り組んでいました。そんなある日、終業間際にお客様から「フードファンについて知りたい」というお問い合わせがありました。「後でいいよ」とお声掛けも頂きましたが、お客様は困ってるだろうなと思い、就業時間後も商品のサイズや規格について資料を調べ、お電話にて返答しました。その時にお客様から「助かった、ありがとう」と言って頂くことができて、少しでも役に立てたんだという実感が湧き、嬉しかったです。

■  自分の提案が形となって現れる時はいつも感動です

<平成27年入社> 東京営業部仙台営業所 - 泉谷 公輝
営業所に配属されてから半年程のタイミングで、これまでの経験と最新の商品知識を活かして自分なりの提案をさせて頂いたところ、とてもよい反応を頂けました。もともと別の商品を使っていたお客様だったのですが、「きっとこれだったらお客様のお役に立てるかも」と思い当社で扱っている最新の商品をご提案しました。この商品を制作したのは、当社と繋がりの強い札幌本社のメーカーで、仙台の他卸売業者はなかなか取り扱っていないものでした。ご訪問して会話を重ねる中でニーズをつかめたこともそうですが、結果として「泉谷さんの言う通りにして本当に良かった」と言っていただけたのが何より嬉しかったです。仕事の大変さはありますが、それ以上に自分の提案した商品で家が建つのは、仕事冥利につきます。

■  ご要望に合った商品をお客様にお届けできた時

<平成28年入社> 北海道営業部直需課 - 山口 奏子
お客様の中には具体的にほしい商品のイメージを持っている方もいらっしゃいますが、時には「こんなものがないかな?」とイメージが抽象的なこともあります。この時は「タオルかけとタオル棚が一体化しているもの」という、なかなかイメージするのが難しいオーダーを頂きました。そこで、おそらくホテルにあるような棚のことだと当たりをつけて、ホテル内装に強いメーカーに問い合わせをしたところ、近しい商品を見つけることができました。早速カタログと見積もりを提出したところ、後日連絡があり「求めていた物とぴったり」とお言葉を頂け、注文に繋がりました。拙い知識ではありますが、精いっぱいお眼鏡に叶う商品を探し、「ありがとう」という言葉を頂いた経験から、営業としてのやりがいや達成感を実感することができました。

■  お問い合わせに一人で応えられる場面が増えたこと

<平成28年入社>事業開発企画課 - 佐藤 優起
「Skogのいえ」の顔として問い合わせに応えられるようになってきたことが嬉しいです。配属されて間もないころは、商品についてわからないことが多く、お客様や営業担当から質問があってもすぐに回答できないことがありました。先輩社員に直接連絡がいくこともよくありました。しかし、その時に部署の先輩に教えてもらったことをしっかり覚え、他の社員の対応受け答えをよくみて学び引き出しを増やすことで、迅速に対応することが難しかったけれど、自分で答えられる場面も増え、お客様からも自分あてに質問を頂くことが増えました。まだまだ未熟ですが、今後様々なプロジェクトに参加し様々な経験を積むことで、「この人に聞けば分かる、頼りになる」と思われる存在を目指して頑張っていきたいです。

■  ご要望に合うものを案内できて、注文までつながったこと

<平成28年入社> 北海道営業部旭川営業所 - 臼井 達哉
お客様からの「この商品は取り扱っているか」「これと同じような商品はあるのか」という問い合わせに対して、ご要望に合うものを自分なりに探し、その結果「注文する」と言って頂けたときにやりがいを感じます。ご要望を伺う時にはサイズや高さの確認が重要で、できるだけ具体的にイメージできるように質問を重ねていきます。時には精一杯調べてもご要望に合う商品の取り扱いがないこともあります。お時間をもらった結果「用意できない」という回答になると、納期に影響を及ぼしてしまうので、商品の有無に関わらずスピード感を大切にしています。無数にある商品から理想に近いものを探すのは宝探しにも近い作業で、まだ不慣れなことも多いですが、早く慣れてもっとお客様のお役に立つ存在になりたいです。

■  一生懸命ご要望にお応えして感謝の言葉を頂けたこと。

<平成27年入社> 北海道営業部函館営業所 - 阿部 辰義
まだまだ知識も少なく、お問い合わせへの回答に時間がかかってしまうこともありますが、お客様の優しさに触れたときやりがいを感じます。お客様からちょっとしたお問い合わせを頂いた際に、該当する商品がすぐに見つからなかったのですが、色々と調べる中で理想に近い商品を見つけました。しかし、取扱いメーカーは現状取引がある会社ではなかったので、他の問屋さんを通してその商品を取り寄せ、お客様にご案内しました。その時に、「いつも一生懸命調べてくれるね」と声をかけて下さり、「また調べてほしいものがある」と次の期待につながったことがとても嬉しかったです。このように、取り扱える商品の幅は本当に広く、その分お客様からのご要望にも営業担当の努力次第で応えていける環境が整っています。

社内風景のご紹介

↓写真に触れて拡大表示(社内業務)

↓写真に触れて拡大表示(レク)

    本社所在地060-8576北海道札幌市東区北6条東2丁目3番1号
    代表電話番号(011)721-4311
    営業時間 8:30〜17:30(休業日:土・日・祝祭日・年末年始)